眠れない悩みの対策知識記事一覧

睡眠は人によって違いはありますが、一般的には6時間から8時間程度の睡眠時間が必要とされています。睡眠のメカニズムと身体の睡眠サイクル人間の特性上、自然と入眠することになるために、布団に入って就寝する時間になると、脳が休息時間と捉えることになり、深い眠りにつくことになります。そのためには身体と脳をリラックスさせることになりますが、この点に関しても自然に身体が慣れることになります。太陽の光を浴びてセロ...

睡眠時間はその人の体調に大きく影響してくる物ですが、現代人は昔の人に比べて睡眠時間が減ってきている事は統計上でも明らかです。成人の適正睡眠時間では適性睡眠時間とはいったいどの様な物かと言いますと人間がその日に有った事を無意識のうちに頭の中で整理して、その日の疲れを癒す体を休める大切な時間ですが現代人の生活環境はストレスの塊とも言えますので十分な睡眠時間が必要なのですが実際は睡眠時間が少ない人も少な...

眠れないときに眠る方法としておすすめされているのは、寝る数時間前から寝室などの照明の光色を電球色にすることです。電球色とは、色温度が3000k程度の温かい色で、太陽が沈むときの夕日の光にも共通する色を持っています。眠る前に色温度が高い昼光色の照明の下で過ごしてしまうと、体内時計が昼間であると勘違いしてしまいます。昼光色は、太陽が真上にあるときのような光となります。眠れないのは、部屋の照明が明るすぎ...

睡眠は大切だと思っていても、疲れているのに寝つきが悪い、なかなか熟睡できないという人も多いでしょう。安眠のためのサポートアイテムでは寝具が重要なポイントですよね。安眠をサポートする寝具の大切さ安眠のための寝具は、自分に合った布団や枕を選ぶことです。合っていない寝具を使い続けることは、熟睡できないだけではなく、体のゆがみにもつながってしまいます。敷布団敷布団は柔らかすぎず硬すぎず、背骨がゆるやかなS...