眠れない時に役立つ眠る方法は?

眠る方法

眠れないときに眠る方法としておすすめされているのは、寝る数時間前から寝室などの照明の光色を電球色にすることです。
電球色とは、色温度が3000k程度の温かい色で、太陽が沈むときの夕日の光にも共通する色を持っています。

 

眠る前に色温度が高い昼光色の照明の下で過ごしてしまうと、体内時計が昼間であると勘違いしてしまいます。

 

昼光色は、太陽が真上にあるときのような光となります。眠れないのは、部屋の照明が明るすぎるのが影響している場合があります。

 

電球色の間接照明をうまく使うようにして、やわらかい光の中で過ごせば、自然と体のリズムが眠りへと移っていきやすくなる状況を作りやすくなります。

 

寝具を見直してみましょう

安眠をするために、布団も自分の体に合ったものを選ぶことも大切です。
リラックスを促す音楽を聴いたりして、精神をリラックスさせることもおすすめされています。
部屋の温度や湿度も快適になるように調整することも基本的な対策方法です。

 

日中に太陽の光を浴びて体内時計を修正

眠る方法

さらに大切なのは、昼間の時間には外で太陽の光を浴びることです。

昼間に太陽の光を浴びていれば、体内時計が狂うことがなくなります。
逆に昼間に暗い部屋で過ごしてしまうと、体内時計がおかしくなって夜になってもなかなか眠れなくなります。
昼間に外で活動をした後で、夜には部屋の照明も工夫をすれば眠れないで困ることがなくなります。

 

栄養補給で休息をサポート

睡眠環境を整えることや、体内時計の乱れを改善することはしっかりと休めない時には基本と言えますが、日々の食生活もとても重要なポイントになります。
私達の体は日々の食事などから補給する栄養によって体の組織や細胞が生まれ変わり、一日の疲れを回復するのに働いています。

 

そのための栄養が不足してしまっている状態が続くと、体もスッキリできない状態が続いてしまうので、眠れない時にはしっかりと栄養補給を行うことが大切です。

 

休息サポートに役立つ成分を配合したサプリメントもしっかりと休みたい方の栄養補給に役立ちますので、食生活が偏りがちな方はチェックしてみてください。

 

 

眠る方法


関連ページ

睡眠のメカニズム
人の睡眠のメカニズムを身体の睡眠サイクルや睡眠前の脳の状態などを交えて解説しています。睡眠のメカニズムが狂うとどのように睡眠に影響があるのか眠れない悩みを解消するための方法も合わせてご紹介しています。
適正睡眠時間
成人の方の適正睡眠時間について現代人の男女の平均睡眠時間などを交えて解説します。
安眠をサポートするアイテム
安眠をサポートするアイテムにはどのようなものがあるか?眠れない時に役立つ寝具について解説しています。